読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

.stampの開発予定いろいろ

技術的な話をqiitaにまとめ中。

 

今後、作る予定のものをメモ書きしておきます。

直近の開発する内容は↓に記載しているので、ここで挙げている内容はもっと後の話です

wheatandcat.hatenablog.com

 

 

ってことで、開発予定

※開発者視点の項目のみです。

 

①.自動デプロイ

理想はhookスクリプとに引っ掛けてデプロイリポジトリのmasterにpushしたら本番反映する感じ

 

あと、マイグレーションも引っ掛ける感じで実行

②.プラットフォームログイン

運営開始地点で入れる予定だったんだけど、「google oauth」が、うまく行かなかったからスルーしちゃったやつ

一応予定では、googletwitterFacebook、gitはやっておきたい

③.JWTの認証処理

当面は会員は自分だけの想定なのでスルーしてました。その内考えます

④.管理画面作る

構想は、決まってないけど作る

まぁ、私が投稿できれば目的は達成できているから、今はいらないけど

⑤.サーバー監視

個人開発規模なら要らない気もするけど、一応考えておこう

Mackerelとか使うのかな

muninでも大丈夫だけど、芋臭いイメージがあるから使いたくない

⑥.サーバーのテストをカバレッジ100%を目指すための構造

これは、いろいろ考えなくてはいけないかも。

ライブラリはgo mockで潰す感じかな?

github.com

コントローラーは、httpでアクセスするとカバレッジ取れないんだよね。

測定をスルーするか、方法があるのか検討しなきゃかな・・・

 

いろいろ模索する予定

⑦.クライアントのみ実行

webpack-dev-serverは、導入したっきり放置してた。

たぶんport:3000の受け口をjsonにして、返却すればある程度できる。

これが出来るとクライアント開発もvagrant無しで出来るから、

たぶん手持ちのmac airでも開発できる予感。

 

あとこれができると「react-hot-loder」も動くかな?

github.com

「Blisk」を使うって手も合ったけど、有料化したっぽいのでスルー

⑧.吹き出しにtwitter引用

そんなに難しくない。

でも、自分がほとんどtwitter使ってないから需要があるかは不明

⑨.SSR(サーバーサイドレンダリング)

これは、実装しようと思えばできそうだけど

まだ手を出す時期じゃないような予感(?)様子見中

Facebookが実装したら本気出す

⑩. 投稿時、一個前の操作に戻す or 進める

過去のstateを保持して戻すだけなので、たぶんできる。

自分の投稿でミスが頻発したら作る

⑪.アイコンのシェア機能

真面目に考えると1ユーザが投稿するために

一々アイコン画像をアプロードするのは、

容量的にも操作的にもNGなので、テンプレ化して

それを使わせるのが理想

まぁ、当分はいらないと思うけど

⑫.不要ファイル削除バッチ

これは、わりかし優先度高い。

対象は画像とサウンドファイル。

どちらも、DBから要らないファイルは取得できるので、

そこからローラー作戦で削除。

 

サウンドの一時ファイルは、作ってから半日以上で削除とかで、いいような気がする。

⑬.speedcurve

jsのレンダリングを計測するツール

サービス的には優先度低いけど

仕事に活かす観点で言うと、経験的には役に立ちそう

⑭.Jet Profiler

mysqlチューニングツール

これも同上

⑮.ユーザー画面

ユーザーアイコンをリンクにして、投稿一覧出す

⑯.クライアントでの画像リサイズ

あった方が良いレベルだけど検討

これができるライブラリはあったはず

⑰.読み上げパッケージを考える

ライセンスがオープンなのでopen-jtalkを使用していますが、

今後の実験投稿を考えると、掛け合いとか、複数キャラとかも

視野にいれていきたいね

ライセンス関係は話が難しいので、あまり他のソフトまで見ていませんが・・・

 

dockerに閉じ込めれば、softalkや結月ゆかりもlinuxで使えそうな気もしますね。

もちろん、ライセンスの問題があるので、webでは使えませんが

----------------------

 

と、大体こんな感じ。

構成を考えるのは楽しいです。夢が広がる