ザックリ運用開始後に追加したことについて、まとめ

GW中にqiitaの記事にする予定なので、その前に少しコッチにザックリ記載

(+でPythonの勉強もする予定)

 

色々整っていなかったクライント側多め

 

フロントエンド

①.react-storybook導入

github.com

これは、作ったコンポーネントを表示するガイドを作成。

ちょうど、小さいコンポーネントリファクタリングしようと思っていたので、

かなり役立ってる

 

ちなみに、.stampのstorybookも公開しているので、下記でリファクタリング状況は分かります

https://wheatandcat.github.io/dotstamp_client

 

②.flow導入

jsでも型が使えるようになるライブラリ

しかも、一部のみ適用もできるので、稼働中でも入れてけるのが凄く助かる

github.com

 

③.React 15.5対応

気づけば、これが悪夢の始まりだった・・・これ以降、欲がでてライブラリを全部最新化→動かねえええええええのコンボ(当たり前)。土日潰れたなぁ。。。。

 

内容的には、「PropTypes」と「createClass」が別packageになる

facebook.github.io

 

まぁ、対応自体はバッチ流すだけで対応できるので、ビビらなくてOKです

qiita.com

④.webpack v2移行

書き方が微妙に変わったくらいですかね。

地味に現行バージョンで動いているgithubのソースが見つからなくて意外と手間取った

あと、この辺でwebpack.configは環境毎に作るほうがスタンダートだと気づいて

「webpack.config.local.babel.js」と「webpack.config.dev.babel.js」と「webpack.config.prod.babel.js」に分割

webpack.js.org

⑤.react-router v4移行

ちなみに個人プロジェクトだから移行したけど、企業向けだと他のライブラリが移行しきれていないので注意(react-router-reduxとか。。。

github.com

大きいのは「Link」と「history」が別パッケージになったのと、

URLパラメータの取り方が変わったことですかね。

あとハッシュが非推奨になったので、そこも改修

⑥. react-hot-loader導入

ソース変更でリロード無しに反映。ぶっちゃけ一番試行錯誤したかも(でも、実は凄くシンプルに導入できるという罠)

 

ソースの修正自体は↓でOK(reduxなら)

github.com

 

あとは、今の構成だとlocalhostの3000から、APIVM環境にアクセスするので

クロスドメインアクセスで怒られるので、webpackのproxyで同じドメインからアクセスできるようにする

https://webpack.github.io/docs/webpack-dev-server.html#proxy

・・・今見ると、めっちゃシンプル・・・

 

⑥.READMEにバッチ追加

取り敢えず、「travis」と「codeclimate」と「gemnasium」入れてみた。

これやってると、まじめにやってる感でていいね

github.com

サーバーサイド

①. 容量削減のためのYoutubeアップロードフロー作成

これ + プラットフォームログインのmockを作ったらqiitaの記事に落とす予定

wheatandcat.hatenablog.com

 

。。。。サーバーサイドは、これしかしてない。

管理画面作るついでに別FW or FW 無し構成もしてみようかな

ぶっちゃけ今のところFWは弊害しか無いし

 

 

と大体こんな感じ。。。フロントエンドは大分改善された予感